失神

失神の定義です。
◎一過性の意識消失発作(通常は秒から分の単位の持続時間)
◎数分で完全に元の状態にもどるもの(意識は戻ったけれど、完全ではなくボーっとしている場合は失神ではなく意識障害です)

失神と意識障害はイコールではありません。意識障害のひとつの症候として失神があります。脳への血流不足でおこるのが失神であり、脳に器質的な異常は認めません。

意識障害の原因はたくさんあり、「あいうえおチップス(AIUEOTIPS)」なんて覚え方をする場合もあります。

画像の説明

まず、失神の原因疾患がなにか?リスクの評価が重要です。

心不全の既往、兆候がないか?
心電図は異常ないか?
高度な貧血はないか?
呼吸困難はないか?
血圧は正常か?

失神を起こした時の状況の問診を行います。

失神の三大原因は、(1)心臓血管性失神(2)起立性失神(3)迷走神経反射性失神です。

このうち最も重要なのは(1)心臓血管性失神です。失神全体の約20%程度を占めます。もし心臓が原因で、治療せずに放置した場合、1年後の死亡率は約25%です。原因疾患としては、不整脈、大動脈弁狭窄症、心筋症、心不全、大動脈解離、肺塞栓があります。胸部のレントゲン、心電図、心エコー、24時間心電図などの検査を行います。特徴としてはなんのきっかけもなしに、突然意識を失うことです。

(2)起立性失神は、立ち上がったときに脳への血流が減少しておこります。原因としては、貧血や出血、脱水状態の検索が必要です。出血、貧血の原因として重要なものは消化管出血、婦人科疾患です。血液検査、胃カメラ、腹部エコーなどを行います。

(3)迷走神経反射性失神は頻度としては最も高く、排尿、排便、咳、嚥下、嘔吐や驚き、恐怖、怒り、笑いなどの感情の動揺などにより迷走神経が刺激され徐脈と血圧低下により脳血流が低下して失神がおこします。前駆症状として冷や汗、ふらつき、めまい、吐き気を伴うことが多いとされています。ほとんどの場合、安静にしているだけで(点滴だけで)改善します。

失神は一生のうちでは約半数の人におこるといわれ、必要以上に怖がることはありませんが、原因により生命予後が大きく異なっています。神経調節性失神の予後は、失神未経験者の人と全く変わりませんが、心原性失神などのハイリスクの失神を見逃さないことが重要です。

画像の説明
                           NEJM 2002