乳がん

画像の説明

1980年代のアメリカの小さな町で一人の女性が女の子を残し、乳がんで亡くなりました。 乳がんで若くして亡くなった女性の母親が、乳がんによって大切な人を失う悲しさを繰り返さないよう願いを込めて、残された家族と一緒にピンクリボンを作ったのが最初と言われています。
ピンクリボンは乳がんの早期発見・早期診断・早期治療の大切さを伝えるシンボルマークです。


画像の説明

日本人女性が今、もっとと罹りやすいかがんが、乳がんです。米国では8人に1人が患うという乳がんですが、最近、日本でも急増し、日本人女性の12人に1人乳がんになるといわれています。 乳がんが増加している原因には、食生活の変化で脂肪分の多い食事が増えていることや、社会生活の変化で未婚や高齢出産の女性が増えている事などが関係していると言われています。



画像の説明

画像の説明

乳がんは他のがんに比べて、若い年齢で発症するのが特徴です。30歳代から増えはじめ、40歳以上になると急カーブで増加しています。

画像の説明

画像の説明

乳がんは、乳房のなかにある乳腺(母乳をつくるところ)にできる悪性腫瘍です。
乳腺は、母乳を生産する「小葉」と、母乳を乳頭まで運ぶ「乳管」に分けられます。
乳がんの多くは「小葉」を構成する細胞から発生します。


乳がんは遺伝するの?

乳がんの5~10%は遺伝性であるといわれています。患者さんご自身が若年乳がん(50歳以下)両側性、多発性の乳がん、男性乳がん、卵巣がんと乳がんの両方にかかったことがある場合などには,遺伝性乳がんの可能性があります。

画像の説明

乳がんは、早期に発見すれば治癒率が高いがんです。 早期の病期0や病期1(大きさが2cm以下で転移していない)で発見すれば治療成績は非常に良いという結果が得られています。乳がんは、早期発見すれば決して怖い病気ではありません。


画像の説明

しかし、乳房以外の部位に転移している場合は、放射線療法や抗がん剤(ホルモン剤や分子標的薬など)も併用して治療を行います。


女性にとっては年齢に関わらず、乳房を失ってしまうことによる精神的苦痛は察して余りあるものがあります。 早期であれば乳房温存治療が可能で、治療後もQOL(生活の質)を下げることなく生活できることがわかっています。

画像の説明画像の説明



乳がん検診を受けましょう

画像の説明

マンモグラフィによる乳がん検診は、乳がん死亡率を減らすことが科学的に確認されています。アメリカやイギリスでは40~50歳代の女性の70%以上が2~3年に1回はマンモグラフィを受診することで、乳がん発生率は増加しているにもかかわらず、乳がん死亡率が減少しています。


画像の説明

たつの市の乳がん検診受診率は14.8%と低く(平成20年度)受診率の向上が急がれています。いつまでも健康でイキイキと暮らしていくために、 40歳からは少なくとも2年に1度マンモグラフィ検診は必須です。



マンモグラフィを受けられる方へ

画像の説明

「乳がんは、産婦人科じゃないの?」乳がんの検診は何科に行ったらいいのかわかりにくい。一般の病院では外科で診療しているが、まだまだ、乳腺を専門に診てくれる医療機関は少なく、片手間に診療しているところも多い。厚生労働省は、医療の専門化が進むなかで、「患者や住民が自分の病状にあった適切な医療機関の選択を支援するため」2008年4月から標榜診療科の表記方法が緩和され、「乳腺外科」と標榜することができるようになりました。


画像の説明

マンモグラフィや超音波検査では、触診ではわからない小さながんを発見できます。


マンモグラフィ検査の方法

プラスチックの板で乳房をはさみ、平らに乳房を伸ばして圧迫します。撮影の方向は片方の乳房に対して上下と斜め横から挟みます。圧迫することで、乳房の厚さを均一にして乳腺を広げて伸ばし重なりを少なくします。また、薄く伸ばしたほうが放射線量を少なくできます。

画像の説明インフル162インフル162 のコピー 1


「乳がんは自分で見つけてね」

内科の診察で、胸部の聴診などで下着を外すことに抵抗のある人が増えているようです。小学校の内科検診でも「ブラジャーは外さなくていいですよ」と指導されている時代です。当院の場合も、肺や心臓の聴診を真剣にしなくてはいけないような患者さん以外は、あえて強要はしていません。聴診器を当てるのさえ、気をつかう昨今に、ましてや下着を外させて、胸をジロジロ見たり、触ったりすることは、乳がんを心配して受診された患者さんでないと、やりずらい診療行為ですね。ちなみに、アメリカでは、見落とした大変なことになるので(訴訟社会)すべて、しっかり診察するようです。患者側も高い診察料を払う対価として、ちゃんと全部、診てもらうことを要求します。お国柄ですね。

自己検診

画像の説明

乳がんは「唯一自分で発見できるがん」といわれています。 乳がんの発見には、乳房を目で観察(視診)したり、触ったり(触診)する「自己検診」が重要です。 乳房のしこりは、1cmぐらいの大きさになると、注意深く触るとわかるようになります。


画像の説明

日本乳癌学会『全国乳癌統計』によると、乳がんの診断を受けた人の中で、自分でしこりなどの異常に気づいた「自己発見」は73.8%。じつに4分の3の人が、自分で乳がんを見つけています。
毎月自己検診を続けていれば、1cmの大きさの乳がんを自分で発見できるとされています。乳がんは、早期発見が大切です。早期発見した場合、5年後の生存率は98%です。



自己検診の実際

入浴時に 乳房に石けんをつけ(すべりがよくなり、調べやすくなります)4本指をそろえて、指の腹で静かに軽く押さえながら、乳頭を中心にうずまき状に小さな円を描くように、何回もていねいに動かして乳房全体をくまなく触ります。乳がんのしこりは一般に硬く、境目がはっきりしないことが多く、痛みはほとんどありません。

画像の説明画像の説明

風呂上がりに、鏡の前に自然な状態で立ち、両手を上げたり下げたりして、両方の乳房を観察します。形、大きさ、乳房の高さにちがいがあるか。乳房の皮膚の一部や乳頭にへこみ、ひきつれはないか。乳頭に異常な分泌液がでていないか。

画像の説明画像の説明

湯上り後に 仰向けに寝て(片方の肩の下に薄い枕や座布団 あるいはタオルを折って敷くと調べやすい)入浴時と同じように指をそろえた指腹で移動しながら両方の乳房のすべての範囲をまんべんなく触って調べます。最初は腕を体につけて行い、次は腕を挙げて触ってみます。

画像の説明画像の説明画像の説明

ワキの下に手を入れてしこりがあるかどうか指先で確かめます。

画像の説明

両方の乳輪部分を摘みながら乳首から異常な分泌物がないか、乳頭に湿疹やただれがないか調べます。

画像の説明

自己検診の方法をマスターして、月に1度忘れずに行うようにしましょう。生理が始まって1週間後に行います。この時期は女性ホルモンによる乳房の張りが治まり、乳房が柔らかく安定しています。閉経した人は、月に1度、日を決めて行いましょう。もし、しこりを見つけてもパニックにならないで下さい。しこりの80%はがんではありません。落ち着いて、すぐ医師に相談しましょう。当院では、にしはら乳腺クリニックを紹介しております。


画像の説明

日本ユニセフ協会大使としても知られる歌手、アグネス・チャンが、平成19年10月1日に聖路加国際病院で、乳ガン切除(乳房温存)の手術を行ない、 無事に成功。 (9月19日に右胸にしこりを発見、精密検査を受けたところ25日に初期の乳がんとの診断を受けた)アグネスは乳がんと診断されたときは大泣きしたというが、手術を受ける上で一番の力になったのは、「3人の子供がもう少し大きくなるまで見ていたい」との思いだったという。「胸は小さくなったかもしれないけど、ハートはビッグになりました」と笑顔で復活をアピール。


奇しくも10月1日は「乳がん早期発見啓発キャンペーン」の一環として、各地でピンクのライトアップが始まります。

画像の説明画像の説明


乳がん Q&A

Q:おっぱいが大きいと乳がんになりやすいの?

画像の説明

A:乳房が大きいと乳がんになりやすいと思っている方がいるようですが、乳房の大きさは、脂肪の量でほとんど決まります。一方、乳がんは乳腺組織にできるのですが、 乳房が小さいから乳腺が少ないというわけでもありませんので、 乳房の大きさと乳がんはほとんど関係ないと考えられいます。 ただ、乳房の大きい人は脂肪が多く、その分しこりが発見しにくいということはあるかもしれません。


Q: 男は乳がんにならないの?

画像の説明

A: 乳腺は女性のほうが発達していますが、男性にもありますので、「賢示君」も乳がんにかかります。ただし、発生率は女性の1/300程度です。


Q: 乳がん検診はいつから受けたらいいの?

画像の説明

A: 乳がんのため24歳で亡くなった女性を取材した番組「余命1カ月の花嫁」をきっかけに、TBSは20〜30代女性を対象にした乳がん検診のキャンペーンをを展開している。しかし、20〜30代への乳がん検診の有効性に科学的根拠はなく、放射線被曝(ひばく)やストレスを増やし、不必要な検査につながるなど不利益が大きいとして、医師や患者らが中止するように要望している。国は指針で、乳がん検診は40歳以上を対象に、マンモグラフィー(乳房X線撮影)検査と視触診の併用を推奨している。ただ、40歳未満の乳がん罹患(りかん)者は年々増えており、できれば30歳台から乳がん検診に対する認識をもち、自己検診は始めたい。


画像の説明

がん検診は、乳がんに限らず、いろいろながん検診で科学的な根拠の問題や費用対効果の問題が議論となります。近藤氏の本を読んでもあたりまえのように行われている「がん検診」にエビデンスがなく、一人のがんを見つけるのにかかる費用があまりに高くなると、どこまで公費で賄うか、何でもかんでもOKというわけにはいかななくなっています。1998年に厚生省が「がん検診の有効性等に関する情報提供のための手引」を発表しています。この報告書によると胃癌、子宮頚癌、大腸癌については、「有効性を証明する十分な根拠がある」または「奨励する証拠が十分にある」としています。また子宮体癌、肺癌、乳癌については、「有効性を示す根拠は必ずしも十分でない」としながらも、癌のようにその転帰が死亡など重篤な事態に至る可能性があるものについては、なかなか否定もできないものなのです。 個人的には、今の時代に、胃がんや大腸がんで命を落とすのはもったいないと思っております。患者さんひとりひとりにとっては、がんになるかならないかは100%かゼロ%です。日常診療では、患者さんとの対話の中で、検診(本来は自己責任)を上手に組み込んでいくことが大事と感じています。