篠山ABCマラソン大会 2011

篠山に行ってきました。

朝の8時、到着。アップを兼ねて、篠山城跡を散策。

画像の説明

画像の説明

運動不足解消に始めたマラソンでしたが、直ぐに自らの現状を思い知らされました。当初の目標「フルでサブフォー」と掲げてから、ここまでたどり着くのに5年かかりました。

会場の独特の雰囲気、 約10000人がフルを走ります。 やっと本ちゃんに来たかって感じですね。

画像の説明

初めてのフルマラソンで、制限時間5時間10分は少しハードルが高い気もしましたが、4回ハーフを走って、そろそろいけるかなと思って、エントリーしてしまいました。なんとかなるかなあと思っていましたが、なんともならず、 なめてました。ごめんなさいという感じで、やはりフルは予想以上に過酷でした。


スタートの号砲がなってから、実際にスタートするまでに9分4秒かかりました。ハーフ過ぎまでは予定通りのいいペースで快調な走りでしたが、27km過ぎで足が棒のようになり、32kmで右足大腿部が攣り、33kmで左足袋はぎが攣り、さすがにリタイアかとあきらめかけました。1kmほど歩いているとなんとかゆっくり走れるようになり、500m歩いては、500m走るの繰り返しで、なんとか完走?(4時間49分15秒)(ネット4時間40分06秒)制限時間内にゴールすることができました。 


マラソンは35kmからとよくいいますが、経験に勝るものはありません。 10kmにしろ、ハーフにしろ、準備不足でチャレンジしている人も沢山いると思いますが、歩いている人はほとんど見かけたことがありません。しかし、篠山では、自らもそうなってしまったように、多くのランナーが歩いたり、道端に座り込んだりして悪戦苦闘、35kmの壁を目のあたりにしました。やはり、いくら準備万端で望んでも、気象条件や体調、ペース配分などで人間としての限界があるんでしょうか。

テニスやゴルフは、得意のタラレバの言い訳が効きますが、マラソンは認めたくなくても、認めざる得ない現実があって、こいうった等身大の自分を客観的に見れる物差しを持っていることが、人としても、また仕事をする上でも大事なことと思っています。


駐車場の確保から風呂、しし鍋まで、完璧な篠山マラソンツアーを企画して頂いた魚森さん(元JTB)も見事にFINISHER(完走メダル)になりました。藤池さんも応援ありがとうございました。

画像の説明

追伸
数日間は、階段の上り下りがきつかったのですが、翌日の採血では、CPKが2327IU/Lと正常の10倍に跳ね上がっていました。やはり、かなりのダメージですね。

全く興味のない人はなんで?と不思議に思うかもしれませんね。僕にもよくわかりませんが、ここまで来ると結構、楽しいものですね。を削除してください。


2011:2JPG

2月のニュース

2011/02/14 中国が日本を抜き、世界第2位の経済大国に
2011/02/21 上野動物園にパンダ復活。シンシンとリーリー
2011/02/26 大学入試で携帯カンニング事件発覚

2011:3

3月のニュース

2011/03/11 東日本大震災
2011/03/12 九州新幹線が全線開業

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です