睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群 睡眠時無呼吸症候群(sleep apnea syndrome:SAS)という病名が世間で認知されるきっかけになったの新聞記事です。JR山陽新幹線の運転士が、運転中に約8分間居眠りをしてしまい、岡山駅の所定の停止ラインの約100m手前で止まり、3両ほどがホームからはみ出したままになってしまいました。居眠り中に列車が走行した距離は実に26kmといわれています)車掌が運転席に駆けつけると、運転士は腰かけたまま眠っておりました。当初、この運転士が前日、知人たちとかなり酒を飲んでいたことが分かり、「気のゆるみ」のせいにされていました。しかし、その後、病院で診察を受け「5、6年前から寝ている最中に何回も目が覚める」「いびきをかいている時に息が止まっているようだと指摘されたことがある」などの症状あり、体重が100Kgを超える肥満タイプであり、重症の睡眠時無呼吸症候群であることが分かりました。 1956年、Burwellらによって、肥満、傾眠、痙攣、チアノーゼ、周期性呼吸、多血症、右室肥大、右心不全の8徴候を有する疾患をPickwick症候群と提唱されていました。米国では1980年代には睡眠不足や睡眠の病気が日中の眠気や集中力の低下を招き、個人だけでなく社会全体に大きな損失を与えているという認識が生まれていました。スペースシャトルの打ち上げ失敗事故や大型タンカーの座礁事故などの重大事故が、SASが原因だったとされています。SASの頻度は欧米では男性で4%(重症例は働き盛りの40〜50代の男性に多い)女性で2%と言われており、わが国においても欧米に匹敵するSASがみられている。最近、その頻度は4〜6%(さらに20%)という報告されるたびに増えており、決して珍しい疾患ではなく、肥満,高血圧,糖尿病,高脂血症などいわゆる生活習慣病との合併例が多いようです。 睡眠時無呼吸症候群は、閉塞性睡眠時無呼吸症候群...
2014年5月12日0 DownloadsDownload