頭痛

画像の説明

今年の大河ドラマ「平清盛」はイマイチ不発でしたが、三十三間堂は、1164年(長寛2)、頭痛に悩まされていた後白河上皇が、頭痛平癒を祈って、平清盛に命じて建立されました。お堂の完成により上皇の頭痛が治り、本尊の千手観音は頭痛封じの仏として信仰されるようになりました。このことから俗に「頭痛山 平癒寺」とも呼ばれることもあります。


三十三間堂は、京都観光名所、イチオシ。是非、お勧めです。ど迫力、圧巻の国宝です。中央に千手観音坐像(千本の手は、どのような衆生をも漏らさず救済しようとする、観音の慈悲と力の広大さを表しているらしい。本像の場合は、実際は42本です)その左右に500体づつ、1000体の観音立像が並んでいます。観音立像はそれぞれ表情も違い(作者が異なっている)前に位置する二十八部衆像、両端にいる風神像、雷神像もにも思わず見入ってしまいます。

画像の説明


頭痛はさまざまな原因によって引き起こされます。大きくは2つのタイプに分類することができます。頭痛患者のおよそ9割は、いわゆる頭痛もちの頭痛と呼ばれるように、何年にもわたって繰り返される慢性頭痛で、一次性頭痛(機能性頭痛)と呼ばれます。もう1つは、くも膜下出血や脳腫瘍など、頭痛を引き起こす病気によって現れる頭痛で、二次性頭痛(症候性頭痛)と呼ばれます。風邪や二日酔いなどによる頭痛は二次性頭痛に含まれます。


慢性的に頭痛で悩んでいる人、いわゆる「頭痛もち」は、日本人の約30%、およそ3000万人いると言われています。

「頭痛もち」には、3つのタイプがあり、痛みを繰り返すのが特徴です。

画像の説明

我が国の頭痛の有病率では、片頭痛の有病率は8.4%、緊張型頭痛は22.4%と報告されています。 群発頭痛の有病率は不明で、報告によりばらつきがあるものの、人口10万人あたり56~401人という統計が出ています。(こんなにいるとは思えませんが・・・)


片頭痛 ズキンズキンと拍動性の痛み

IMG のコピー のコピー のコピー

1ヵ月の発作回数は平均2~3回(多い時は週に2〜3回)1回の発作での持続時間は8~9時間(3時間〜3日)です。脈打つような強い頭痛で、身体を動かすと痛みがひどくなり、悪心、嘔吐を伴ったり、音や光に敏感になります。20〜40代の女子に多く見られるのが特徴です。


IMG のコピー のコピー のコピー 2 のコピー のコピー

片頭痛は、発作と発作の間は、まったく頭痛のなく、普通に生活できる時期があります。すっきり晴れていて、急に夕立のように起こります。


画像の説明

片頭痛がなぜ起こるのか、詳しい原因はまだわかっていませんが、血管の拡張と三叉神経が関係しているのではないかと言われています。セロトニンとう神経伝達物質が、ストレスや月経周期などで大量に分泌されると血管が収縮します。(この時に脳の血管が収縮して、一時的に虚血をなり閃輝暗点などが起こる)セロトニンが出尽くして枯渇してしまうとその反動で血管が急激に拡張し、血管の炎症と血管周囲の三叉神経を刺激して痛みが起こるというお話しです。


画像の説明

性別では、女性の方が男性より3.6倍も多く罹ります。年代別では、男性は20~30歳代、女性は30~40歳代の有病率が高い傾向があります。1/4は、子供の頃から既に始まっており、30歳までに発症します。家族歴も4割にみられます。


画像の説明

片頭痛患者の医療機関の受診率は、定期的に受診している2.7%に過ぎず、片頭痛で受診したことがあるのは30.6%で、半数以上の人は、市販薬でやりすごしています。


画像の説明

しかし、片頭痛は、とてもつらい頭痛で「いつも寝込む」4%、「ときどき寝込む」30%、「寝込まないが支障大」40%と、実に3/4が日常生活にかなり影響を受けています。普通の痛み止め(非ステロイド系消炎鎮痛剤)で、良くなる程度の軽い頭痛ならば、市販のお薬で様子をみてもいいかもしれませんが、勉強や仕事に支障がでるようでしたら、医療機関で相談してみましょう。最近は、セロトニンに働く特効薬(トリプタン)が開発されています。


画像の説明

片頭痛の誘発因子としては、睡眠不足(71.1%)頸・肩の凝り(67.1%)旅行・外出(65.3%)過労(52.9%)目の疲れ(44.5%)緊張(43.6%)睡眠過多(27.6%)などがあるようです。稀に、チョコレートや赤ワインなどの特定の食品により頭痛が誘発される場合もあります。


女性(月経)の片頭痛について

月経、妊娠、更年期など、女性の片頭痛には、女性ホルモンが大きく関わっていると言われます。月経時の頭痛の多くは片頭痛であり、若い女性の片頭痛の6割は月経と関係していると言われています。

女性ホルモンである卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)は、月経周期で大きく変動しますが、特にエストロゲンが急減すると、セロトニンという脳内物質に影響して脳の血管を拡張し、片頭痛が起こるとされています。実際、エストロゲンが減少する排卵日や月経の初日前後には頭痛を訴える方は少なくありません。

画像の説明

妊娠中は、エストロゲンをはじめ、女性ホルモンの分泌量が高めで安定するため、一般に片頭痛は起こりにくくなりますが、出産後は女性ホルモンが元に戻るため、片頭痛が起こりやすくなったり、育児ストレスや睡眠不足などで片頭痛が誘発されやすくなることがあります。子育て中は忙しくて受診できず、片頭痛で困っている人は多いようです。更年期には女性ホルモンの分泌が低下して不安定になり、片頭痛が起こりやすくなったり、ほてり、のぼせ、不眠、イライラ、肩こりなどさまざまな不調のストレスによって片頭痛が誘発されることがあります。更年期を過ぎ、閉経すると、女性ホルモンは安定し、片頭痛は起こりにくくなります。

妊娠、授乳中の片頭痛治療薬投与について

トリプタン系薬剤に関しては、催奇形性の報告はありません。いずれのトリプタンも添付文書上、妊娠中投与禁忌ではなく、特にスマトリプタンが最も無難な選択と考えられます。(スマトリプタンが最も多くのデータ集積あり)一方、エルゴタミン製剤は、子宮収縮作用、胎盤血管収縮作用があり、妊娠中使用禁忌です。授乳中は、すべてのトリプタン製剤は、薬剤添付文書で投与時授乳を避けることとなっています。授乳中にトリプタン製剤を使う場合も、スマトリプタンが最も無難な選択で、投与後8時間授乳を避ければほぼ問題ないと考えられます。また、妊婦に対する片頭痛の予防治療は勧められていません。制吐剤を使用する場合、ドンペリドンは妊娠中禁忌(ラットでの催奇形性の報告)なので、妊娠中禁忌ではないメトクロプラミドを使います。一方、ドンペリドンは、授乳婦には大量ではない通常量の投与は認められていますが、メトクロプロミドは、授乳を避けることとされています。


片頭痛の臨床経過

画像の説明

予兆期は、20〜60%に見られ、頭痛の数時間前、数日前から始まる。疲労感(72%)物事に集中できない(51%)首が凝る(50%)

画像の説明

前兆(アウラ)のある片頭痛は、2割です。前兆は、5〜20分かけて始まり、60分以内に終わる。眼前暗点、輝点、幾何学様模様が見えたりする。最も多いのは、閃輝暗点(視界にチカチカした光が現れ、これが徐々に拡大して行くにつれ、元の所は見えにくくなる)と言われるものです。手、顔、唇などのしびれや失行、失語などが起こる。

前兆が終わった後、60分以内に頭痛が始まる。嘔気は90%で伴う(嘔吐は30%)

75%,画像の説明

片頭痛といいますが、実際は片側だけでなく、両側の頭が痛くなる人が4割もいるんですね。


片頭痛の診断には、POUND(5つの症状)を確認し、このうちで4つ以上当てはまれば、陽性尤度比は24とされています。片頭痛は、75%で肩こりが前駆症状としてみられ、締めつけるような頭痛も半数に見られるため、日常生活が障害されている場合は、診断を誤らないようにしなければなりません。また、緊張型頭痛と合併することも多いことも憶えておきましょう。


治療は、軽症例は、NSAIDs(非ステロイド系消炎鎮痛剤)アスピリン、ブルフェン、ボルタレンが有効。(アセトアミノフェンは不確実であるが、妊婦にはこれが無難)

中等度以上には、トリプタン製剤を処方します。プリンペランなど制吐剤も併用するとより楽です。トリプタン製剤は現在5種類あり、効果には個人差があるので、ひとつのお薬が効かなくても他のトリプタンで効く場合もあります。トリプタン製剤は、強力な薬なのでいつ飲んでもある程度は効きますが、最も効率よく効かすためには、飲むタイミングが重要です。頭痛がおきて20分以内を目安に内服します。早すぎても(予兆の時期)遅すぎても(頭痛の極期)効果は弱くなります。

画像の説明


画像の説明

 アロディニア

画像の説明



片頭痛によって脳が過敏になり、本来は痛くない刺激を痛みと感じる症状をアロディニア(異痛症)といいます。顔に風が当たると痛い、メガネやイヤリングが不快、髪を結んでいるのがつらい、くしやブラシが痛くて使えないといったものがありますが、これらは頭部アロディニアと呼ばれています。さらに脳が過敏になると、頭部だけではなく、手足のしびれや腕時計、ベルトが不快になることもあり、これらは頭蓋外アロディニアといいます。


緊張型頭痛 締めつけられる痛み

IMG のコピー のコピー のコピー 2 のコピー

慢性の頭痛の中で最も多いのが「緊張型頭痛」です。頭全体が鉢巻きで締めつけられるように痛むのが特徴です。様々なストレスが原因で起こります。首や肩のこりを伴うことが多く、また、フワフワと揺れるようなめまいを伴う人もいます。片頭痛と合併例も多く、また同じ疾患だと考える人も出てきました。


IMG のコピー のコピー のコピー 2

数日から1週間から、毎日のようにずっと続く頭痛。それほど強い痛みではなく、仕事や日常生活が出来なくなるようなことはまずありません。肩や首筋のコリとともに「頭に輪をはめて締めつけられるような」と表現されます。


画像の説明

首は回りには、たくさんの筋肉があり、重たい頭(4kgの大玉のスイカを想像して下さい)を支えています。同じ姿勢を続けたり(長時間での同じ姿勢や、無理な姿勢を続ける、首や肩の筋力が弱く細首やなで肩の人など)ストレスで血流が悪くなると、それを支えている首の後ろや肩、背中の筋肉(僧帽筋)やそれらとつながっている頭の筋肉(側頭筋群・後頭筋群)が緊張します。緊張型頭痛の主な原因は、身体的ストレスと精神的ストレスのどちらかもしくは両方が原因になっています。



治療は、運動療法として、ストレッチングや水泳、散歩などで筋肉の緊張を取り除いたり、ストレス解消法としてリラックス効果もあります。薬物療法としては、筋弛緩薬の他、抗不安薬や抗うつ薬などを用います。

群発頭痛 目の奥の痛み

IMG のコピー のコピー

起こり方が群発地震に似ているのでそう呼ばれています。おもに睡眠中の明け方に起こり、アルコールを飲むと痛みを増すのが特徴です。20〜30代の男性に多く見られます。「目の奥をえぐられるような」「柱に頭をぶつけたくなるような」と形容される痛みが、片側の目の奥に起こるのが特徴で、目が充血し、涙や鼻水がでます。


IMG のコピー

頭痛が起こる頻度は年に1〜2回ですが、いったん頭痛発作がおこると、それから1〜2ヶ月は、毎日のように激しい頭痛が繰り返し起こります。痛みの持続時間は1〜2時間ぐらいが多いようです。20〜30歳代の働き盛りの男性に発症することが多く、人によって発作が起こる時期や時間帯がほぼ決まっています。例えば、毎年春と秋など季節の変わり目に起こり、就寝後や明け方に起こるという感じです。


原因は、目のすぐ後を走る内頚動脈に炎症が起こるためと言われています。鑑別診断としては、三叉神経痛や副鼻腔炎などが挙げられます。難しいときは、専門病院で頭部のCTやMRI(MRA)などの検査をしてもらいましょう。

治療は、100%酸素やスマトリプタンの注射などが用いられます。また、発作が起こりそうな時期を見計らって(スギ花粉症のように)エルゴタミン製剤やCa拮抗薬、ステロイドなどのお薬を予防的に内服する方法もあります。また、発作が起こる期間中は、アルコールやタバコは控えるようにしましょう。

二次性頭痛が疑われる症状

画像の説明

(1)突然の頭痛
(2)今まで経験したことがない頭痛
(3)いつもと様子の異なる頭痛
(4)頻度と程度が増していく頭痛
(5)50歳以降に初発の頭痛
(6)神経脱落症状を有する頭痛
(7)発熱有する頭痛
など

クモ膜下出血 Subarachnoid hemorrhage; SAH お医者さんは「ザー」と言います(日本だけのようですが?)

クモ膜下出血の恐ろしいところはまだ働き盛りの人に発症し,しかもそのうち50%は初回クモ膜下出血で死亡するかかなり強い後遺症を残すことです。さらに,治療しなければ25~30%は再出血で死亡すると言われています。

画像の説明

クモ膜下出血の典型的な症状は「突然の激しい頭痛」です。
普通、脳動脈瘤は破裂する直前まで何の症状もなく、「突然の」という部分が特に重要で、トイレで排便しようとした時にとか、テレビを観ていてビールを取りに立ち上がった時にとか何時何分という単位で正確な時間を言うことが出来ます。また、「まるで突然バットで殴られたような、これまで経験したことのない激しい頭痛」と証言しています。


IMG のコピー

本格的な発作(バットで殴られる)の前に、前触れとして、それほど強くない片頭痛に似たような発作が起こることがあります。この時点で医療機関に駆け込めば事なきを得ることもあります。交通事故しかり、人生、長生きするのに運も関係ありますよね。

画像の説明
脳出血は脳の中で血管が破れて出血し、脳の中に血腫(血の塊)ができます。クモ膜下出血は脳の表面を走る血管に脳動脈瘤という“コブ”ができていて、それが破裂して脳の表面に大量に出血します。激しい頭痛と嘔吐がおこります。しばしば意識を失うことがあります。脳卒中の中でもっとも死亡率が高く、約半分の人が命を失います。早期に適切な外科的治療が必要です。


クモ膜下出血の原因の8割以上は脳動脈瘤の破裂によるものです。 若者が痙攣を伴うクモ膜下出血を起こした場合は、脳動静脈奇形が原因となることもあります。

画像の説明

画像の説明

脳動脈瘤の原因は不明ですが、男性より女性に多く、生まれつき脳動脈の壁に弱い部分があり、この部分が徐々に膨らんでくるという説が有力です。高血圧によって、動脈瘤が破れて、クモ膜下出血が発症します。


脳腫瘍 稀ですが・・・

IMG のコピー のコピー

鈍い痛みが徐々に悪化する。吐き気、嘔吐、片麻痺、痙攣、意識障害など。鈍い痛みが毎日のように続くため、緊張型頭痛と間違われやすい。頭痛の原因としては、頭蓋内圧亢進による場合と局所の痛みを感じる部分の刺激による場合があります。早朝起床時に頭痛(morning headache)がすることが多く、頭蓋内圧亢進症状に特徴的です。起床時に最も強くて午前中に徐々に軽快する頭痛があれば、脳腫瘍が疑われます。また、腫瘍が大きくなるにつれて、徐々に痛みが強くなり、吐き気や嘔吐などいろな症状が伴ってくるのが特徴です。