胸部レントゲン

画像の説明

真ん中にある左側(向かって右)に少し出っ張った白い固まりは心臓です。

X線は、骨や心臓などは通過しにくく、肺などは通過しやすいため、通過した後のX線をフィルムにあて感光させると、骨や心臓は白く、肺は黒く映つります。心臓の上にくっついている丸いのは大血管です。






   画像の説明

無気肺

無気肺のレントゲンは、パターンを憶えましょう。

右上葉無気肺
マイナーフィッシャーの上昇、気管が右へ偏位する、右肺門の挙上、右横隔膜の挙上が起こる。

右中葉無気肺
シルエットサイン陽性、側面では板状(線状)になります。
下葉無気肺
メジャーフィッシャーは見えてくる。(本来は見えない)右心のシルエットサイン陰性。
左上葉無気肺
左下葉無気肺
最もしばしば起こる。心臓とは違う三角形ができて、下行大動脈とのシルエットサイン陽性。