ALP

ALPはアルカリ側(pH が9.8 付近)に至適活性をもつリン酸モノエステル類を加水分解する酵素です。γ-GT,LAPとともに、肝胆道系酵素と呼ばれ、閉塞性黄疸や肝内胆汁うっ滞の指標となります。一方、骨の活動性とも強く関係しており、小児期のALPの主体は骨性ALPである。その他、胎盤や小腸でも産生され、ALP の上昇原因を調べるには、アイソザイムの測定が必要となります。

一般的に、GOTやGPT、γGTPなど他の肝機能異常も伴っていれば、その解釈はそう難しくはありませんが、検診などでALPだけが高値である場合は、臓器や病態により下記の6 つの異なるアイソザイムが認められ、鑑別診断上、重要です。

 

1型は肝由来で肝管上皮の膜にあり、胆管の内圧上昇で胆汁中に排泄される。閉塞性黄疸で上昇します。健常人には存在しません。
2型も肝由来で肝細胞疾患、胆道疾患で上昇、健常成人にもあります。
3型は骨芽細胞由来で、健常人でもありますが、小児で高くなります。
4型は胎盤由来で妊娠後期に上昇します。
5型は小腸由来で肝硬変や血液型でB型、O型の分泌型で上昇します
6型は通常認めませんが、免疫グロブリンと結合します。

 

あるふぉすあいそざいむ

ALPの健常成人では2型と3型が主体です。肝臓、胆道系の疾患では1型と2型が増えます。1型は、通常は健常では見られないのであると異常です。閉塞性黄疸(1型)を考えます。2型もGOTやGPT、γGTPなど他の肝機能異常も伴っていれば肝炎、肝癌(主に2型)薬剤性肝障害(2型)などを考えます。閉経後の女性では2型3型の増加を認めます。(女性ホルモンの変化と関係)3型が高値の場合は、骨折、骨粗鬆症、がんの骨転移などの可能性があり、甲状腺機能亢進症(骨代謝の亢進)でも3型が増えます。また、小児の一過性ALP上昇(成人の2〜4倍、20倍以上になる場合もあり)は3型の割合が多くなります。正常妊娠後期には4型が基準値の2〜3倍になります。5型は小腸型で、肝硬変や腎不全(代謝の遅延)糖尿病で上昇します。また、血液型がB型とO型の分泌型で、特に脂肪食の摂取後に上昇します。極端に高い場合は、家族性高ALP血症を疑います。肝または骨由来のALPが免疫グロブリンと結合したものが6型です。潰瘍性大腸炎の極期に出現しやすいと言われています。

一過性高ALP血症とは、ALPアイソザイムの1型と2型の中間位に認めることが特長とされていて、発症頻度は10歳以下の小児科外来の約0.7%と言われ、好発年齢は3歳くらいまでの乳幼児で、嘔吐や下痢などの消化器症状、発熱、咳などの呼吸器症状を伴い(全く症状のない症例の報告もあり)RSウイルスやロタウイルス、サイトメガロウイルス、水痘などのウイルス感染との関係が示唆されています。小児期は骨の成長に伴い、骨型ALP(3型)が上昇するため、1歳〜思春期では成人の3〜4倍、成長期のピークは成人の4〜6倍にも達します。しかし、稀に成人の10〜30倍の異常高値を示す症例があり、一過性ALP血症と呼ばれています。症例の多くは、乳幼児から小児に見えられますが、成人でもみられます。一過性の上昇であり、数ヶ月で戻るので、3〜6ヶ月後に再検して頂ければと思います。

 

画像の説明


ALPと血液型

血液型というとABO式やRh型が有名ですが、分泌型、非分泌型というのもあるようです。B型またはO型で分泌型の人は、小腸由来のALP(アイソザイム3型)その中でもノーマル分子サイズのALPは、半減期が短く(4時間ほど)脂肪食後に、小腸から血中に分泌されて、3倍ほどに急激に増加して(個人差あり)ALPが高値となりますが、病的なものではありません。