酸化マグネシウム

【組成・性状】酸化マグネシウム(一般名)
       細粒 83%
       錠剤 250mg 330mg

【効能・効果】便秘症

【用法・用量】1日 2g 3回分服 就寝前1回

【薀蓄等】酸化マグネシウムは、もっぱら下剤として処方していますが、昔は制酸剤としても使用されていました。アルカリ性である酸化マグネシウム(MgO)は、胃酸(HCl)を中和することにより制酸作用を示します。(MgO+2HCl→MgCl2+H2O)下剤としての作用は、酸化マグネシウムは胃酸と反応して塩化マグネシウム(MgCl2)となった後、腸内において難吸収性の重炭酸塩(Mg(HCO3)2)又は炭酸塩(MgCO3)となり、浸透圧維持のため腸管から水分を奪い、腸管内容物を軟化させることにより緩下作用を示します。つまり胃内で十分な塩酸がなければ、第一段階の化学反応が進まず、H2ブロッカーやPPIを併用時には酸化マグネシウムの緩下作用は減弱すると考えられます。酸化マグネシウムを便秘に使うためには、胃内pHが低くなる食直前、寝る前などに服用してもらうような服薬指導を行う必要がある。