ビクトーザ

【組成・性状】リラグリチド 皮下注18mg 3ml/キット

【効能・効果】2型糖尿病

【用法・用量】1日1回0.3mgから開始、1週間以上間隔を開けて、0.3mgずつ増量し、0.9mg皮下注 朝or夕 
未使用時は、冷蔵庫内に保存。使用開始後は、室温保存。

【使用上の注意】併用できるのは、SU剤のみ。副作用、消化器症状(嘔気、嘔吐、下痢、便秘等)

【薀蓄等】http://heart-clinic.jp/ビクトーザ/

ビクトーザは、小腸から出されるGLP-1の構造を少し変えて作られた薬です。

ビクトーザ

注射し忘れた場合、通常注射している時刻から数時間以内であれば、注射して下さい。それ以上の時間が経っている場合は、その日は注射せず、次の日に1日分注射して下さい。絶対に2日分を一度に注射してはいけません。

場所

注射部位はおなか(腹壁)上腕部の外側、太もも(大腿部)の外側部が適しています。いつも同じ場所ばかりに注射してしまうとその場所(皮膚)が硬くなってしまい、ビクトーザの効き目が悪くなってしまうことがあります。前回注射した場所より2〜3cm(指2本以上)ずらして注射しましょう。

 

開始時

段階的に投与量を増やして下さい。
ステップ1 1日1回0.3mgの投与を1週間以上続けて下さい。
ステップ2 1日1回0.6mgの投与を1週間以上続けて下さい。
ステップ3 1日1回0.9mgの投与をずっと続けます。
ステップ4 用量を0.3〜0.9mgで調整します。

ビクトーザは、胃の中にある食べ物の排出を遅らせる作用があります。このため、体重が増えにくいお薬となっていますが、胃の中に食べ物が普段よりも長い残ることにより、特に使い始めるときにおなかが張ったような感じやむかむかする感じが残ったり、便秘、下痢を招くことがあります。少ない投与量からはじめて段階的に増やしていくことにより、症状を防いだり軽くしたりすることが出来ます。

風邪など(シックデイ )による体調不良では投与量、スケジュールを変える必要はありません。

 

 

 

ビクトーザ

ビクトーザ

ビクトーザ  

インスリン(ビクトーザも同じ針です)に使用する注射針は、痛みの軽減と使いやすさを追求してどんどん進化しています。ペンニードル プラスは、32G4mmと細く、肌と面で触れることにより、圧力が分散され、安定し垂直に穿刺しやすく、皮内注射になりにくく、痛みが軽減。

注射針の蓋もつまみやすい形状に改良されました。

ペンニードル

 

針の太さは髪の毛2本分とほぼ同等です。

針

 

 

ノボケア相談室

 

トルリシティ アテオス

【組成・性状】トルリシティ アテオス(ディラグルチド)
       皮下注 0.75mg

【効能・効果】2型糖尿病

【用法・用量】0.75mg 週1回皮下注 

冷蔵庫(2〜8℃)に保管してください。室温(1〜30℃)では14日間までは大丈夫です。

画像の説明

画像の説明

【薀蓄等】
当てて押すだけのアテオス。週1回投与いつでもOKです。簡単な操作で、1回使い切り製剤です。操作は3ステップのみ(針の取り付け、薬剤の混和、空打ちが不要)で、ボタンを押すと自動的に注射します。唯一、間違い易いのは、ロック解除のタイミングです。皮膚に当ててからロック解除です。最初にロック解除して、ボタンを押してしまうと3000円が無駄になります。

アテオス

アテオスアテオス

画像の説明

 

消化管の副作用が少ないかわりに、体重減少もみられません。

トルリシティ